臭いの原因は

トイレの臭いが気になるというのは、誰しも経験することです。臭いの原因はお掃除をしていないから、といわれたら元も子もないのですが、消臭剤などを使用することで、解決できることが多いです。もちろん消臭剤は当たり前のアイテムという家庭が多いことでしょう。最近は、バリエーション豊かな消臭剤の種類も多いです。ところで、トイレの臭いの原因は、便器の中にたまっている水そのものということをご存知でしょうか?きれいに排泄物を流したあとには、必ず水たまりができています。量はそのトイレによっても違いますが、水の量が多ければ多いほど臭いを発生させないといわれています。臭いは、空気に触れて拡散しますから、水の面積が広いほど臭いも水の中に閉じ込められるということです。ご自宅の便器の水量を点検してみて、極端に少ない場合は臭いの発生源はそこにあるということになります。もちろん完ぺきにきれいにしているのであれば問題はないのです。トイレのたびに毎度お掃除ということは難しいですが、水たまりの量で臭いが変わるということは知らなかった方も多いことでしょう。いくら消臭剤のきついものを使っても臭いが残るトイレの場合は、そうしたことからお掃除の箇所を念入りにすると臭いが軽減されることでしょう。トイレの形にもよって、水たまりの量は変わります。自宅のトイレの形と水たまりの量と臭い、消臭剤の使い方について、考えてみるのも良いかもしれません。

便器で脱臭?

トイレの消臭剤も良いのですが、最近は脱臭効果のある便器も存在します。このトイレは、蓋を開けて座った瞬間、脱臭機能のスイッチが入ります。そして、蓋を閉めたあと数分間は強力に臭いを吸い込んでくれます。トイレの蓋をして臭いを・・・

トイレの香り

トイレの消臭剤は、トイレ全体の臭いには良いのですが、自分の排泄後にさっと臭いを消したいときには、スプレータイプが良いです。その場でシュッとスプレーして、一瞬で臭いを消し去ることができます。しかし、スプレー自体の臭いがきつい・・・

Copyright (c) 2014 トイレの気になる臭い All Rights Reserved.